不動産の価値について

民法においては、土地と建物はそれぞれ別の不動産として定義されます。それぞれの所有権を確認することが大事です。

Yahoo! JAPAN

土地と建物は別々の不動産です

不動産の価値について
一般の方が不動産を思い浮かべた時、「家」をイメージされる人が多いともいます。でも家だけが不動産ではありません。不動産には色々種類があります。民法では土地およびその定着物と定義されています。ここでいう定着物とは土地に固定されていて動かないものを表します。ちょっとやそっとでは動かないものをイメージされると分かりやすいかもしれません。動かせない資産のことを総じて不動産と呼ぶのです。置いているだけの小屋や植物、灯篭などは動かすことのできる資産なので、動産に分類されます。

日本の法律では、土地と建物は別々の不動産として取り扱われます。諸外国では土地と建物がセットで不動産とされる場合が多いですが、日本の場合は土地と建物が別の所有者で登記されているケースもあります。また不動産にかかる固定資産税も土地と建物は別々に課税されています。中古の一軒家の購入を検討されている方は、きちんと購入前に所有権の確認を行った方がよいでしょう。念願のマイホームを手に入れたはよいものの、実は建物だけで土地は自分のものではなかったという事も起こりえます。しっかりとした不動産業者を通じて、きちんとした手続きを踏んで購入すればおそらく問題はないと思いますが、個人売買をされる時は気をつけておかなくてはならない事です。