不動産の価値について

不動産の活用法を今と昔で比べてみれば、果たしてこの国が住みやすくなったといえるのか疑問に感じます。

Yahoo! JAPAN

不動産の活用方法を今と昔で比べてみる

不動産の価値について
現在は建物が林立し地面はすべて舗装されているような都市部でも、少し昔は普通に未舗装の道路があったし空き地だってあちこちにあったものです。このように僅か数十年の違いで我々の生活は随分と変わったわけですが、中でも特に変わったのが不動産の活用方法ではないでしょうか。現代で不動産と言うと狭い土地一杯に立てられた二階建ての一軒家と言うイメージがありますが、それが一般的になったのはそれほど昔の話ではありません。時代を三十年ほどさかのぼれば平屋の家のほうが多かったくらいだし、さらに時代を下ればなおさらのことでしょう。

もちろん変化したのは建物だけではありません。そこでどのように生活していたのかも随分と変わりました。たとえば昔は各家庭で鶏を飼うというのがそれほど珍しいものではありませんでした。庭の一角に鶏小屋を作ってそこで鶏かうずらを飼うというのはわりと一般的なことだったし、それだけ土地を自由に使える余裕があったということでしょう。転じて現代を見れば庭に鶏小屋があるならかなりのお金持ちだとみなされるのではないでしょうか。余計な土地を遊ばせるような余裕のある人はそれほど多くないのだから、鶏を飼うと言うことがいつの間にか贅沢になったのが現代の実情です。

お役立ち情報